仕事を辞めたい、怠け者だからな

仕事を辞めたいとグダグダ言いながらも、やめる手順が面倒だということで結局やめない「からな」の面倒嫌いブログです。日々のことなり、色々書いていきます。自由気まま、やりたいことばかりやっちゃう。

仕事を辞めたい、怠け者だ
からな

メインブログです。
ぐだぐだしつつも、
やりたいことに全力全身!

最高の出会いを求めて
自身の最高の出会いまでの道のり、
方法を書いていきます。

標準体重を目指して
標準体重を目指して奮闘する!
ダイエットグッズ実践含みます。

仕事は「幼いときの憧れ」で選んだ。後悔している。

お題「あなたがこの仕事に就いたきっかけ(動機)」

ほんの少し、後悔している。

憧れていた仕事、自分の将来像は「なれる」わけではないのだ。

 

小学生のとき、新しいもの好きの父親がパソコンを購入した。

パソコンをどんどん使えるようになっていき、その父の後姿をみた私も

パソコンを触るようになった。1人1台で与えられた。

 

あるとき、パソコンの1台の調子が悪くなり、勝手にシャットダウン

その後ブルーパニックになった。

その後少し置いて起動しても10分足らずでブルーパニック。

英語読めない小学校低学年の私パニック。

 

当時の私…そして大学生になるくらいまで電話が大嫌いだった。(いまでも苦手)

何故か、電話に出たら怒鳴られるんじゃないかというか

無理難題を叩きつけられそうな変な怖さがあったのだ。

気持ち的には社長に電話するような気持ちだった。今でも原因不明。

実際やってみると全然怖くない。むしろこちらが上?扱いなのだから。

 

話が脱線したので戻すと…

パニックになりながらも英語の文章(エラー部分)を1文字ずつ読む。

私、涙目。Micros○ftのお姉さん、親切丁寧に対応してくれた。

英語本家すぎて聞き取れなかった。

 

原因は本体の発熱。温度が高すぎたようだった。

ちょうどPCの変え時だったってことですね。

お姉さんは「熱いだけだからフタ開けるといいよ」と言ってくれた。

本体を触るとビックリするくらい熱かった。

 

フタを開けると、小学校低学年ではまだ見たこと無かった基盤や配線がたくさん。

パソコン本体にこんなに一杯入っているのかという感動と

的確な指示をしてくれたお姉さんに感動。

 

家系が医者系列だったこともあり

パソコンを直す…機械の医者になりたいななんて思ってました。

 

 

・・・・・・そう思っていた時期もありました。えぇ。

実際はですね、私に「そんな能力はない」でした。

機械の医者を「サポート」する仕事に就いた今、少し後悔してます。

 

私の担当は「ソフトウェア」 基盤を見ることすらありません。

既に作られたソフトのバグを受けて解析出したりとか、それを皆に展開したりとか、

バグのテストをしたりとか。過去あった案件を元にトラブル対応したりとか。

 

正直、「超つまんない」

 

客の前に居る訳でもなく、「ありがとう」といわれることも思われることも無い。

縁の下の力持ち的な存在です。

 

そんな中、エンジニアのサポートをしている私の目標設定は

物凄く高く設定されます。

目標をクリアできないと給料が先月のマイナスになることもあります。

手取りは少ないです…同期(営業)が先に昇格しそう。

そして、私は昇格一生できなさそう。

 

特定ソフトと、PCの一般知識しか増えていかず

転職もできない。

 

お先真っ暗状態!お手上げーーー!

 

パソコンのことを聞かれたら、何でも答えられる

そんな人になりたいなんていう理想を今まで思い浮かべていた訳ですが

現実は甘くない。

勉強死ぬほどしないとそのレベルまでいかない。

過去から今までの全てを事細かに「理解」していないと無理。

 

今やりたいと思っているのが、アプリ開発。

ほんの少しだけど勉強を始めた。難しい。JAVA久しぶりすぎて難しい。

プログラムの「プ」の字すら出来ていないが難しい。

物作りを仕事にして、皆で「やったー!完成したー!」なんて喜びたいけど

これも二の舞になりそうな気がするので…仕方ないから

寿退社まではこの仕事を続けていこうと思う。

 

寿退社した後、何の仕事をするか考えていない。


アフィリエイト ハッピーメールバナー