読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事を辞めたい、怠け者だからな

仕事を辞めたいとグダグダ言いながらも、やめる手順が面倒だということで結局やめない「からな」の面倒嫌いブログです。日々のことなり、色々書いていきます。自由気まま、やりたいことばかりやっちゃう。

仕事を辞めたい、怠け者だ
からな

メインブログです。
ぐだぐだしつつも、
やりたいことに全力全身!

最高の出会いを求めて
自身の最高の出会いまでの道のり、
方法を書いていきます。

標準体重を目指して
標準体重を目指して奮闘する!
ダイエットグッズ実践含みます。

仕事辞めたいオーラが出ている

日記 ストレス 仕事

3月、4月、9月、10月、11、12月

11月、12月は繁忙期ということがあるけれど、
3月~4月、9月~10月はそれ以外の事で最低なのだ。

そう、「業績目標設定」「業績結果報告」の日だ。


期首や期末に上司と業績結果について話し合い
そして、業績目標の設定を行う。

1週間じゃたらず、2週間以上かかるのだが
毎回怒られて終わる。


何故怒られるのか、原因は分かっているんだ。

業績目標を「上司の求める理想」を超えてクリアしてこないからだ。


業績目標の設定も上司と面談して決める。
半期にあたり、目標最大5つ(最低4つ)
上司と目標を決めるもんだから「異常に高い目標」に設定されてしまう。

例えるなら、バレーボールをやったことの無いレベル の人が
県代表のバレーボール選手になれ、というのが1つの目標だったりする。

上記のような目標が4つ以上あるのだ。ここは地獄か。


そして、高すぎる目標に対し出来なかったりすると「給与がさがる」
バレーボールを例にあげるとしたら以下のような感じだ。
A:バレーボール日本代表(実現不可能レベル)
B:バレーボール県代表(死ぬ気で頑張ればいけるかもレベル)
C:バレーボールの大会で優勝する(結構頑張ればいけるかもレベル)
D:バレーボールが普通に出来るようになる(普通に頑張ってできるかもレベル)

見て分かるように、「結果を残す」か「異常な能力を発揮する」をしないと
評価をキープできないのだ。
ちなみに、Dランクは減給になってしまうかも。
Cはそのまま。Bは上がるかも、Aは上がるレベル。

そして、この苦痛な目標が4つもあるのだ。


私の今回の目標は全て「マニュアル作成」だった。
簡単そうに見えるかもしれない。でも、待って欲しい。

画像やその他資料を1からかき集め資料に起こし、
あっているかの確認作業や、その他「日常業務・緊急案件」も入ってくる。
そして新たに「あ、お前の担当案件増えたよ」と嫌いな上司からの無茶振りも来る。

何故こんなにグチグチ言っているのかというと
今回、目標何一つとしてCになっていないからだ。ここは地獄だった。

終わっていないから残業しようとすると「残業すんな」(ヤッタネ!ホワイトダヨ!)
資料を持ち帰ってマニュアル化するのもNG(当たり前だよね!)

毎日チマチマ作成していたとはいえ、
1つのマニュアルが100ページ以上のものを1から作り上げたのは
我ながら頑張ったのではないかと思ってる。

アピール能力のある人は、「ここまで自分は頑張りました!」と目標に関係なく
アピールし、嫌上司を上手く言いくるめられるのかもしれない。

だが、私には出来ない。馬鹿正直なのだ。
「頑張りました!えへ!」脳みそが足りない。
上手く
参考資料を出したところで、嫌上司はマニュアルの事も、その他のことも知識が無い。
「ほーーーーーーん?」
で終わる。鼻息に吹き飛ばされる。全てが終わる。

「このままずっと昇給せず減給の可能性だけ見えている」んだろうな~と思う。

ということで、最近後ろ向きな私なんだけれど
好きな先輩と帰りが一緒になって「業績目標、どうですか?」と進捗を聞いてみた。

「んー、今回はキツイわなぁ」

…先輩でもきついんだな、と思った。
先輩はAランク取れるほどの口の上手さと、やり手だ。

私は、新入社員のころから厳しい部署に配属になり
目標設定が他の部署と比べてキッツキツなところで頑張ってきた。
頑張り続けて4年、そろそろ燃料も尽きそうだ。

「給料アップ」というご褒美無し。
「資格取れば毎月給料アップ」という福利厚生無し。
「社宅扱いだから1万円くらいでいいよ★」という福利厚生も引っ越せば無くなる。

やって当然、プラスアルファは出来て当然、プラプラアルファは出来たら良いね!といういことだ。

何が言いたいのか分からなくなってきた。


電車が来るまでの間、
このAランク先輩…もとい、おでんくんに似ている先輩に愚痴たら

おでんくん ソフビフィギュア

「まー、からなさんがこれからココで働き続けるのか知らんけど
 頑張っていくしかないよな」

と、さじを投げられてしまった。おでん先輩ごめん。

やめたいオーラを出しているつもりはなかった。
でも、先輩の「ココで働き続けるのか知らん」という言葉が
「いずれ、やめてしまうんだろ?」というようにも聞こえた。

毎回、私はこの時期に辞めたくなる。
他の時期だってやめたくなるが、今が一番キツイ。

やめたい。でも、私はたぶん辞めない。
なぜかと言うと「やめるのが面倒だから」というのがある。

やめるとき、正社員の場合は社員の会というのに話をする。
「何で?どうして?」と質問攻めにあうのは目に見えている。ここでストレスがかかる。

そして、いざ辞めます!となったとき。
全社員の前でお礼の言葉から、何から何まで話さないといけない。
私はコレが一番嫌いだ。そういったゴタゴタが面倒というのもある。

ひっそりと、こじんまりとした会社に行きたい。
和気藹々と仕事したい。
ExcelとWordなら、結構できるよ(基本中の基本だけど…)


これからの事を考えると、いやんなっちゃうな!
仕事よりもプライベート重視したいんだけど、そんな仕事は無いし。
…イライラしたので、上司を倒すゲームをツクールMVで作ろうと思う。

では、お疲れ様です。


アフィリエイト ハッピーメールバナー