仕事を辞めたい、怠け者だからな

仕事を辞めたいとグダグダ言いながらも、やめる手順が面倒だということで結局やめない「からな」の面倒嫌いブログです。日々のことなり、色々書いていきます。自由気まま、やりたいことばかりやっちゃう。

仕事を辞めたい、怠け者だ
からな

メインブログです。
ぐだぐだしつつも、
やりたいことに全力全身!

最高の出会いを求めて
自身の最高の出会いまでの道のり、
方法を書いていきます。

標準体重を目指して
標準体重を目指して奮闘する!
ダイエットグッズ実践含みます。

「頼めば何でもやってくれる過保護な親」から離れることにする

頼めば何でもやってくれる、
頼まなくても何でもやってくれる
過保護というか、過干渉な親に育てられ社会人に。

どんな親だったかも含めて詳細書いていきます。

ここが変だよ、私の親

小学生のとき

 次の日の時間割まで確認してくれてました。
 基本的には鞄の中を漁られてました。

 体育の授業があるとか伝えていない状況でも
 体操着が準備されていたり、
 宿題があるって伝えていない状況でも把握されていたり。

 母親の手のひらでクルクル踊っていた気がします。
 でも、それが楽でよかった。

 おかげで忘れ物したことも無い。真面目な子へ成長しました。
 (ただ、イレギュラーには弱い)
 

中学生のとき

 相変わらず、自分の行動は全て把握されてました。
 携帯は持っていないのでパソコンでの連絡のみ。

 この頃から「親に依頼する(指示する)」のが楽だと気づき始める。

 必要な書類(?)や資料があれば頼み
 歯医者に行こうものなら予約を頼み同行してもらう。

 何をするにもまず「母親」が先に来ていた。

 母に趣味がないこともあって、
 色々するのは好きなように見えていた。

 そして、母は姉からパシらされていた。
 (冷蔵庫から麦茶取って来い、○○必要だから買って来い)

高校生のとき

 買い物を一人で行ったことが無い。(本屋さん、コンビニすらない)
 遊びに一人で出かけたことも無い。
 バイトをしたことが無い。
 
 困ったことは全て母親に相談する「マザコン」っぽいのが
 出来上がっていた。

大学生のとき

 未だに歯医者に一人で行ったことは無かった。
 そもそも、「予約」を電話でしたことが無かった。

 何か必要資料があれば親に頼み
 大学を決めてAO入試に挑むも親に見てもらったり。

 何もかもが親だった(意味不明)

社会人の今

 住民票を取りに行ったことが無い(親にやってもらった)
 市役所等に行ったことがない。

 保険って何? 厚生年金って何?
 携帯の契約ってどうなってるの? (父親が契約者になってる)
 奨学金の返済はどうなっているの?

 もう全て親任せ。

社会人になって思うこと

 
 頼めばなんでもやってくれるから
 「自分で考える」ことを全て放棄していた。
 正直、「困れば母親がやってくれるかも」という
 甘えが発生していた気がする。
 
 私は来年くらいには結婚するだろう。
 再来年には母親の立場になったりするのかな。

 私に子どもができたら、
 「子どもにできることは子どもにやらせる」ようにしたい。
 
 母親のように、子どもに全力で向き合って手助けする
 そういうことは無理そうな気がしてならない。

 ちなみに、母は「相談役」として居る。
 頼めば何でもしてくれる存在として居るのではなく、
 「不安なことを相談してみる、結論は自分が出す」そういう存在になった。

 そして、私も母になったら
 「今までありがとう」の意味を込めてしっかり親孝行したい。


子どもの自立が怖い親、親からの自立が怖い子ども?過保護・過干渉の弊害と脱却?20分で読めるシリーズ

子どもの自立が怖い親、親からの自立が怖い子ども?過保護・過干渉の弊害と脱却?20分で読めるシリーズ

母親はどうやって子離れするか。過保護?過干渉?子供は子供。親は親。5分で読めるシリーズ

母親はどうやって子離れするか。過保護?過干渉?子供は子供。親は親。5分で読めるシリーズ


アフィリエイト ハッピーメールバナー